パニック障害を自分で治す治療・克服法

いくら病院で治療をしても・・・


これまで様々な療法を試してきても・・・


全くパニック障害を克服することができなかった私が


たった、1週間、あるプログラムを実践するだけで

パニック障害を治すことに成功!


その方法を知りたくないですか?


>>>詳細はコチラ<<<

あなたは、本当にパニック障害の怖さを知っていますか?

今日は前回の予告どおり、
パニック障害に関する恐ろしいお話です。

 

 

私もそうでしたが、どうも世間の皆さんは
パニック障害について甘い考えを持っているみたいですね。

 

 

パニック発作が繰り返して起これば、
「また起こるのではないか」と不安になりますよね。

 

 

このような不安を“予期不安”と言うのですが、
発作を繰り返すごとにこの不安がさらに強まり、
症状を悪化させていきます。

 

 

予期不安が続くと、落ち着かない気分で、心の状態が不安定となり、
不眠症・イライラからくるストレス・注意力の低下が増してきます。

 

 

さらにパニック障害が怖いのが、正確な診断がされないまま、
本人も医者の診断をなかば諦めて何年も放置してしまうことです。

 

 

発作が繰り返されると、本人はパニック発作に対する予期不安から、
恐怖の場所である「すぐにその場から逃げ出せないところ」や
「助けが得られないところ」は避けるようになります。

 

 

こうして、人が多いショッピングセンターや、電車、エレベーター、
交通渋滞、待たなければいけない銀行窓口や買い物レジ、
病院での順番待ちといった場所に行けなくなる広場恐怖症に陥ってしまうのです。

 

 

広場恐怖症とは、「広場」を恐がるという意味ではなく、
パニック発作を経験した人が“特定の場所や状況”を避けるようになることです。

 

 

広場恐怖症が重症になると仕事や学校など、
日常生活に大きな支障をきたすようになります。

 

 

広場恐怖症が原因で、外出ができず、家に引きこもりがちになります。

 

 

このような生活が続くと、次第に精神的なエネルギーが枯渇し、
ついには、全く意欲をなくしてしまい、うつ状態やうつ病に陥ります。

 

 

特に背負うものがある人がパニック障害や
うつ病になることは二重、三重の苦しみです。

 

 

また、病的な異常がないのに様々な自覚症状を訴える状態も起こり、
それがうつ状態やうつ病を更にエスカレートさせることもあります。

 

 

うつ病を併発したパニック障害は、
その治療に長い期間かかることが非常に多くあります。

 

 

パニック障害と併発しやすい精神疾患としては、うつ病のほかに、
強迫性障害、全般性不安障害、アルコール依存症などがあります。

 

 

パニック障害は気のせいや性格の問題ではなく、
身体的な原因がある病気です。

 

 

放っておいても勝手に治ることはなく、
恐怖感が恐怖を更に呼び込むことで、だんだんと悪化していきます。

 

 

パニック障害は早期に適切な治療を受ければ治る病気なので、
出来るだけ早期に、正しい治療をする必要があります。

 

 

あなたは、このままで本当に大丈夫ですか?

 

 

パニック障害を治したいと真剣に考えているなら、
コチラを購入した方が手っ取り早いと思います。

 

 

価格以上の価値はありますので。

 

 

次回は、コウタロウからあなたへメッセージがあります。

 

 

同じ悩みを持つ仲間として宜しければ御覧下さい。

 

 

続きを読む


PHPとは